一日の流れ

1 ピックアップ

専属のスタッフが、大型船では、港、飛行機では、空港まで、ホテルでは、玄関前まで、お迎えに行きます。
大型船、飛行機の場合は、到着後すぐに、シュノーケリングを体験できてしまいます。もちろん、宿泊予定のホテル経由でも、大丈夫です。

2 ブリーフィング

まず、「ダイブハウス 海竜」に向かいます。受付書類などを記入したのちに、シュノーケリングツアーのブリーフィングを行います。ここで、本日の目的地や見ることが出来る生物などの説明と、シュノーケリング機材の説明を行います。もちろん、ここでウェットスーツなどのサイズチェックもできるので、安心してツアーに参加できます。

3 シュノーケリングスタート

専属インストラクタの先導する浮き輪に掴まりながら、海に出て行きます。まずは足の着く浅場で練習をします。急ぐ必要はありません。ゆっくり皆さんのペースで進んでください。下を見れば、八丈島の海が広がっています。慣れてきたら、シュノーケリングスタートです。浮き輪から離れて、泳いでいくのもいいですし、浮き輪にくっついていくこともできます。

4 運が良ければ

シュノーケリングは自然相手のアクティビティです。運が良ければ、カメや、クマノミに会えるかも、会えなくても、八丈島の様々な魚たちが迎えてくれます。

5 デブリーフィング

シュノーケリングが終わったあとは、デブリーフィングです。先ほどみた、魚などを再確認します。あとは、皆さんとの記念撮影! そのあとは、解散になります。解散後は、宿泊場所、港、空港等ご希望の場所に送迎いたします。